<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

Growing Reed   

人間は考える葦である。

しかし、葦はほうっておいても成長するが、
人間が成長するには自らの意思が必要だ。
人間は考える葦である。
では我々は今なにを考えるべきか。
それを知るためには人と出会い、学び、発見することが必要だ。
人間は考える葦である。
今宵、我々はそこに新たな言葉を付け加えよう。
人間とは自らの意思によって知識を求め
思考することによって成熟へと向かう。
そう、我々は成長する葦なのだ。

(by J-WAVE 「Growing Reed」より)


日曜日の夜、J-WAVEをぼーっと聴いてると始まるこの言葉。
岡田准一がMCやてる「Growing Reed」って番組の冒頭部分。
いつも聞き流してたけど、J-WAVEのHPに行ってしっかり読んでみたら
とても素敵な文章だったから思わず抜粋。



先週のゲストは田原総一郎さんだった。
いつもどおり「ながら聴き」してたんだけど、
途中から田原さんの熱い語りに思わず手を止めて聞き入ってしまった。

お題は「ジャーナリズムの使命ってなんですか?」

岡田君の「なにがそこまで田原さんを突き動かしているのですか?」という質問の答えとして、
田原さんがこう話した。

 好奇心ですよ。
 こないだも、一人でドバイにふらっと行ってきました。最近ドバイが元気がないって聞いたから、
 自分の目で見たいと思って行ったんです。好奇心だけですよ。
 それで行ってびっくりしました。ドバイはものすごく元気でした。活気に溢れていました。
 新聞の言うことなんて嘘でしたよ。
 だから自分の目でしっかりと見ないと、真実なんて分からないんです。
 世の中嘘の情報がたくさんありますよ。
(記憶を辿ってるだけなので言葉は全然違うけど、趣旨はこんなかんじ)

これを聞いて、高校生の頃に考えてたことを思い出した。
高2か高3のとき、私は2冊の本を読んだ。
一冊が、タリバン政権時代からカブールで活動していた日本人が書いた本で、
その中に「タリバンって本当に“悪い”政権だったのか?」っていう問いかけがあって、
“悪い”って何だろう、特に異文化における“良し悪し”の判断って
簡単に下すことが出来るのだろうか?って考えさせられた。
もう一冊がボスニア・ヘルツェゴビナ戦争を題材とした『戦争広告代理店』。
政府がPR会社を雇って世界の世論を煽り、欧米の味方を得たことで勝敗が決まったってあって、
マスコミが伝える「事実」が世論(それも外国の)を動かして、
国とそこで暮らす人たちの運命が決まるだなんて・・と驚いた。
それから私は「自分の目で確かめない限りはすべて鵜呑みにしちゃいけない」って思ったんだ。
そんな考え、ここ数年すっかり忘れてたけど。ってか、今思うとなんだかとても青臭いし。

でも御歳75才の田原さんは一生懸命何度も何度も言った。
「あらゆる情報を疑いなさい」と。
すごい情熱だなって思った。
75歳になってもいまだに、岡田君とリスナーに一生懸命呼びかけてる。
そこから田原さんの「発信しなければ」という焦燥感のようなものが感じられた気がする。
こういう人を大切にしなければいけないって思った。
もっともっとずっと長生きしてもらって、もっと色んなことを伝えて欲しいと思う。


ちなみに、ちょっと方向違うけど、田原さんの言葉を聞いて思い出したこと。
昔海外にあこがれてた頃に持っていた気持ち。
 「海外で暮らす人たちの、“普通”の生活を見てみたい。
  観光バスの窓ガラスを通して見るんじゃなくて、
  地元の人が歩く道を歩き、食べるものを食べ、
  その国の言葉で話し、“普通”の人たちが暮らしてるのと同じような部屋に寝泊りしたい。」
こういう好奇心って大切だよね。
過去の自分相手に変だけど、こういう風に心から思えるように、また戻りたいって思う。
今年の夏休みは、多分2回目のトルコだけど、この気持ちを思い出しながら旅行しよう。


もう、勉強させてもらう年齢は過ぎたけど、それでも人間である限り、
成長する意思を持って、人と出会い知り学び、「成長する葦」でありたい。
ラジオっていいね。
[PR]

by isteem | 2009-04-21 01:29

24歳、社会人3年目   

今日で社会人2年目が終了、明日から社会人3年目。
1年目の一年間と比べて、2年目としてのこの一年間はすごく充実してた。
2年目になって急にたくさんのお客さんを任されて、
何も分からないままとにかく目の前の仕事に取り組んで、
心配でお腹を下したり、失敗してお客さんに謝ったり、フロアで口論したり、泣かされたり。
私ひとりの小さな失敗が、一企業にダイレクトな損失を与えるから、
常に緊張感に包まれてる、超ストレスフルな日々。

楽しいか?幸せか?って言われたら、NO。
学生時代の方が断然楽しかったし幸せだった。
だって友だちとおしゃべりして笑って飲んで、毎日「あー今日も幸せ!」って思ってたから。
それと比べて今は全然違う。
笑う回数も減ったし、好きなことする時間はほとんどないし、「あー幸せ」なんて感じることはほとんどない。
だけど、充実してるって思う。

いい意味でも悲しい意味でも、少し大人になったのかなって思う。
っていうか、人間らしくなったんだと思う。
いわゆる、マズローの欲求段階説が当てはまる、“人間”に。“動物”でなくて。
少し前までは、毎日笑って、ストレスゼロの状態が自分にとっての幸せだと信じて疑わなかった。
だけど最近は、ストレスフルだけど、充実してるって感じる。
なんか大げさだけど、生きてる実感がある。
学生時代とどっちがいいかって言われたら、もちろん学生時代のほうがいいけれど、今の毎日も捨てたもんじゃないと思う。


一応広告代理店志望ってことで就活して今の会社に入ったけど、
代理店じゃなくても大きくて安定してて有名でお給料のいい会社に入ったほうが良かったってずっと思ってた。(もちろん、今もそう思わないこともないけど。)
だけど、純粋に仕事を楽しむっていう意味では、そして若手社会人として経験を積むには、
広告っていう業界、しかもうちくらいの規模の会社ってのは、結構正解だったんじゃないかって思う。
広告の仕事って、クライアントのビジネスを理解しないと出来ないから他業界のビジネスが分かってくるし、クライアントの業界は多岐に渡るからだんだん業界と業界のつながりが見えてきて、ひいては世の中が見えてきて勉強になる。
それから、うち規模の会社だからこそ、2年目のペーペーでも50代のお客さん相手に1対1で商談できるし、
プロジェクトチームの先頭に立って全体のマネジメントができる。
しかも業務のほとんどが商談とマネジメントと交渉だから、ストレスフルだけど上手く進むとすごく快感。

とくに最近はだいぶ世の中が見えてきて、ビジネスっていうモノの面白さを感じるようになってきた。
さらにあと1、2年したらもっと色々見えてきて、もっと面白い仕事が出てくるんじゃないかって思うと、ワクワクする。
そんな自分に自分でびっくりしたり。


一生仕事をしたいとは思わないけど、かといって仕事を出産までのつなぎの期間にするのはもったいないと最近思う。
おばあちゃんになった時に「あの頃は仕事に打ち込んだな」って振り返るような数年間に今、突入した気がする。

入社してから辞めたい辞めたいって思ってたけど、踏ん張ってきて良かった。
継続は力なりとは本当だね。
半年前から続けてるマラソンも効果出てきたし。

24才、社会人3年目は仕事もプライベートもアクティブに楽しもうと、決意。
[PR]

by isteem | 2009-04-01 01:37