<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

決意表明じゃないけれど、ここで自分を追い込んでおこう   

22歳。
浪人もしなかったし留年も休学もしなかった。そして早生まれ。
小さい頃は、誕生日がなかなかこない気がして嫌だった。
留学でも留年でもなんでもいいからあと一年大学に残ってれば良かったと悔いた。
けれど今は良かったと思う。
社会人一年目、22歳。
まだまだ、これから。チャンスを掴みにいく余裕がある。


私は昔から熱しやすい。(そして冷めやすい)
熱すると一気に火がついて、ブレーキがきかなくなって、突っ走る。
高校2年生の時、国際のオープンキャンパスに行って火がついた。
大学2年生の時、国際ワークキャンプのパンフを見て火がついた。
大学3年生の時、語学留学のウェブページを見て火がついた。
大学3年生の秋、ジュエルのイベントに参加して火がついた。

よくよく思い返してみると、どの決断もじっくり考える前に行動に移してた。
その割に、どの決断も後になって「あの時これしてほんと良かった」って思えてる。

よく座右の銘なんかで「やらない後悔よりやって後悔したほうがいい」なんて言葉があげられる。
私は昔からこの言葉のガツガツした感じが苦手だったんだけど、
今、その苦手意識を克服して、やってみる方に一歩踏み出すべきなのかもしれない。

まだ、22歳だし。


それからもう一つ思うこと。
それは、私は自分の考えを自覚するのにものすごく時間がかかるってこと。
自分の考えを、自覚するもしないもないんじゃないの?って思う人もいるかもしれないけど、、、
普通はこれっておかしいのかな、どうなんだろう。
ま、それは置いといて。
高校三年生の時、倫理の授業で何についてでもいいから一人5分のスピーチをする、っていう課題があった。
私がその時スピーチで主張したことは、その時はさほど強く考えてたわけではなかった。
けれど一年、二年と時が経つにつれて自分の中でだんだんとその考えが確立されてった。
そのことを考えると、私がここ一、二年でなんとなく感じてきてる考え方というか価値観というか、
そんなようなものは、これからもっともっと強くなってって、一生私が背負ってくものになるかもしれない。
そう考えると、
やはり今、ついてしまったこの火を、
消すのではなくこのまま突っ走ってしまって大丈夫なんじゃないかって思う。


人生は一度っきり。
確かに、やらない後悔よりやって後悔した方がいいのかもしれない。
まだ22歳だし。

脅されず、踊られず、踊る。

世間の目に脅され、
社会通念に踊らされてく。このまま、ずっと。
そんなのはまっぴらごめん。
自分の思うがままに踊っていきたい。



とりあえず、7月。メールは送信済み!
[PR]

by isteem | 2008-01-25 00:44