<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

選択したのは自分だったね   

誇れることの少ない私だけど
早稲田の政経という選択肢がありながらも筑波の国際に入ったこと
心配する親を振り切って一人初めての海外に飛び込んだこと

この2つについては私は自分自身に肯定的な評価を与えられてる


自分のものさしで考えて、周りに流されずに選択をした、
そしてそのことを現在に至ってもまったく後悔していない、
かっこよく言えば、自分の選択に責任を持っている。
てなかんじで。


今の生活だって自分で出した結論だ
誰かに強制されてるわけじゃない。
大学4年生の私がいて、今の私の毎日がある。

なんでこんな当たり前のことに思い当たらなかったんだろう

文句を言ったり人を妬んだりするなんて最低だ
自分で選んだ道なのに

さて
明日は初の休日出勤
休みの日にスーツ着て仕事なんて超ナンセンスで
そういうの大っ嫌いだけど
文句を言うなら大学4年生の自分に言おう



そんな風にプライベート至上主義な私だけど・・・
先週ジュエルのOB会があって
久々にジュエルの仲間が一同に会した

相変わらずうるさい奴がくだらないこと言って、
相変わらず真面目な子が困った顔をして、
相変わらず調子のいい奴が場をまとめてて。

終電逃してオールして、
居眠りをする人、
ナチュラルハイではしゃぐ人、
そしてぐったりとした疲労感と共に迎える朝。

すっごい鮮明にあの頃のジュエル生活の記憶が蘇ってきた
時に脱線してくだらない話になりながらも、
大真面目に熱く手厳しく議論を繰り広げたミーティング。
結論がまとまらなくて閉館する図書館を出て、
バーミヤンやらアキさんちで徹夜で語ったこととか。

大変だったし辛かったり心配すぎて胃が痛くなったりもしたけど
でもずっと楽しかった
徹夜ミーティングですら楽しかった
迎えた朝がすがすがしかった
つまり、クサいけど、生き生きしてた


とかそんなことを思い出してたら

あぁ、そっかぁ
何かに一生懸命頑張るって
大変だけどすごく楽しいことなんだよなってことも
思い出した

一生懸命頑張る何かが
仕事かプライベートか
今の仕事か違う仕事か
そこらへんはまだよく分からないけど


今の私は昔の私の結晶
大好きなつくばで過ごした4年間が今の私を作ってる
大切な4年間を悔やんだりしないように
精一杯今を頑張ろう
したら色々楽しくなるだろうし


明日の商談
もしうまく行ったら
来期はリラックスして過ごせる
かといって明日は特に頑張るとか頑張らないとかで結果が変わるような話でもないんだけど
わずかながらの効果を狙って元気に明るく感じよく賢くかわいらしく振舞おう。笑
[PR]

by isteem | 2007-10-28 01:55

キンモクセイ   

キンモクセイの花の季節が来ました。
私は常識も教養も足りないから、キンモクセイがいつ花咲くか知らなかったんだけど。
去年のいつか、マンションから学校へ向かう途中で何度もキンモクセイの匂いをかいで、
「あぁ、キンモクセイってこの時期なんだ」
って思ったことをよく覚えてる ただ、それがいつごろだったか忘れてた。

そうか、キンモクセイは秋の始まりに咲くのか。

去年キンモクセイの匂いをかいで、
来年この匂いをかぐ時は、もうここにいないんだ
って、何度も何度も、かぐたびに思った。

そして、一年経って、今年もキンモクセイの匂いをかいだ。
去年漠然と想像してたとおり、激しいつくばシックの中で。

けれど、いつかはきっと、つくばシックも治る。

そしたら、もう、平穏な人生だ。

カウントダウンの日々はもうこりごり。
あと一年、あと半年、あと三ヶ月、あと一ヶ月
最後の桜、最後の夏、最後のお月見、最後の学祭、最後の冬
もうきっとこういうのはないから
そんなことに気付いて、ちょっとほっとした今日。

ちなみにこれからは
結婚して初めての春、初めての夏、初めての秋、初めての冬
二度目のお花見、二度目の海、二度目の紅葉、二度目のクリスマス
そして子どもが生まれて初めての桃の節句、初めての海水浴、初めてのハロウィン、初めての雪だるま
初めての幼稚園、初めてのお弁当、初めての遠足、初めてのお遊戯会

カウントダウンはもうない
楽しくわくわくカウントしていく日々

(思えば今も社会人初めての秋を迎えているのか・・・
 これについてはまったく感慨深くないけれど)


失うなら、本当に失ってしまったほうが楽かもしれない
けれどやっぱりそれがこわくて、悲しくてもすがりついて何とか記憶だけでもとどめておこうとしてる
それはまだ、私が、失ったあと、そこに新しいものを運び込む準備ができていないから?


あぁ、すごくとりとめない文章だ
つくばから帰ってくると、どうしても落ちてしまう
なら行かなきゃいいのに、ってわけにもいかない
ほんと、早く新しいものを運び込まなきゃ、完全に失うかどうかは別として

思いっきり泣きたい
できれば誰かの前で泣きたい
何も言ってくれなくていい、なでてもらわなくてもいい
それも無理なら、せめて声を出して思う存分泣ける場所がほしい
やはりひとり暮らしか。


ちなみに、キンモクセイは空気が汚いと咲かないらしい
そういうの、かっこいい。
[PR]

by isteem | 2007-10-08 00:06